日々のちょっとしたコトを書いてます・・・


by u_ronsha
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

連続ブログ小説

naomiさん(第3章)から突然バトンが渡されてビックリしています。
ゆっきぃさん(記念すべき第1章)から始まった物語・・・
妄想、空想、フィクション大歓迎らしいので(笑)、何とか頑張ってみます。
第2章(ヒサさん作)はゆっきぃさんのブログのコメントの中にあります。

-------------------------
おじいの樹」 第4章

真っ赤な飛行船が飛んでいた。
飛行船を見るなんて何年ぶりだろう。

小さい頃は飛行船を見つけると嬉しくて嬉しくて、
必ずオジイに知らせてたっけ。
その時、必ずおさななじみのあいつも一緒に飛行船を見ていた。

今考えると不思議だ。
あいつとは毎日遊ぶわけでもないのに、
飛行船を見る日は必ずあいつもいた。

でも飛行船を見ると嬉しい気持ちになるのはなぜだろう・・・
きっとあの話をまだ信じている自分が居るからだろうか。

いつかオジイが教えてくれた飛行船の話・・・
飛行船の話・・・飛行・・何気なく向かいの道に目をやると、

不思議だ、やっぱりあいつがいた・・・

-------------------------
ネタに困ったら、主人公を旅に出して完結させていいそうです
どうにか主人公を旅に出さずにすみました。

次だれにしよう~・・・じゃちょいと飛んで赤とんぼちゃんお願いねん
[PR]
by u_ronsha | 2005-07-05 23:34